京都のクリニックでザガーロを使用したAGA治療

新しいAGA治療薬

自分の家系は薄毛の男性が多い / 新しいAGA治療薬 / 長い目で服用を続ける必要がある

ザガーロは新しいAGA治療薬として注目されていて、デュタステリドを主成分としAGA発祥の原因となるジヒドロテストステロンを抑制する働きを持ち、AGA治療薬として厚生労働省に認可されていることがわかりました。
ザガーロが注目されている理由の1つが、DHTに変換する原因となる5αリダクターゼの「�T型」、「�U型」どちらも阻害してくれます。
このザガーロの特徴が、従来は従来は�U型が主な原因とされていたのに対して、プロペシアでは効果が見られなかった薄毛患者が�T型も阻害してくれ、発毛効果が得られたという患者さんもいます。
自分のようにプロペシアでは高い発毛効果を得られなかった者にとって、ザガーロは非常に魅力的だと感じました。
実際に服用を開始したときには、服用方法として1日1回カプセルを飲むようにしました。
この薬は基本的に飲むタイミングは決められていないので、自分の生活スタイルにあわせて飲むことができるので忙しい生活をおくっていた身としては非常に助かりました。

育毛薬について、私はアメリカの基準を信用しています。

ミノタブ、ザガーロは認められていません。

効果と副作用のバランスが悪いのでしょうね。

ちなみにザガーロは日本と韓国でした認められていません。

— まさし@AGAオタク (@masashiaga) October 25, 2021