京都のクリニックでザガーロを使用したAGA治療

自分の家系は薄毛の男性が多い

もともと自分の家系は薄毛の男性が多いことから、自分も将来的に髪のボリュームダウンが起こってしまうのだろうなと不安に感じていましたが、学生時代では気にならなかった髪が社会人になってから一気に薄毛に進行するようになりました。
最初に感じたのはお風呂の時に髪をとかしたら、ブラシに髪の毛がたくさんついていたことで、毎朝枕には髪の毛がたくさん抜けていたことから薄毛になっていると実感し、かなり恐ろしかったです。
自分で何かできることはないかと思い、市販されている育毛剤を使用したり育毛シャンプーに切り替えるなど、頭皮ケアを心がけたり、日々の食事を見直して運動をするなど健康的な生活もおくってみましたが、それでも髪のボリュームダウンは改善しなかったので、おとなしく京都にあるAGA専門のクリニックで診察を受けてみることにしました。
今回受信した京都のクリニックは多くのAGA患者の治療に携わっている有名なところで、診察をしてもらった結果すぐにAGA(男性型脱毛症)と診断されました。
ただ今回クリニックを受診してよかったなと感じたのは、どうして薄毛になってしまうのか正しく理解できていなかったので、AGAのメカニズムや予防方法、進行度などをきちんと医師の方に指導してもらえました。
そして今後の治療法として医師に提案されたのが投薬治療で、フィナステリドを有効成分としたプロペシアを処方してもらいましたが、高い効果を得ることが出来なかったので医師の判断でより効果が期待できる「ザガーロ」の利用を開始しました。
ただ初めて服用する薬なので、どんな効果があるのかきちんとチェックすることにしました。

自分の家系は薄毛の男性が多い / 新しいAGA治療薬 / 長い目で服用を続ける必要がある